借金は銀行以外でもできます

借金するとき、どこで借りても同じじゃありません

お金を借りるとき、その目的によって様々な種類があります。「出来るだけ早く必要」であったり「なるべく低金利で借りたい」であったり、今までに借りている複数の「借金をまとめたい」などがあります。

一番安心できるのは「銀行系」でしょう。低金利のところが比較的多く、バックが銀行系の系列会社となりますので安心できます。ただ、銀行系となると他と比べ審査が厳しかったり、お金を借りられるまでに時間がかかることは覚悟しておく必要があります。それがクリアすればメリットが多いと言えます。借り入れや返済が母体の銀行や提携しているコンビニ・銀行などで行えることなどです。また、銀行口座の開設時などにキャッシング機能をつけておけばイザという時に安心です。

「消費者金融」でのキャッシングは銀行系に比べ注意が必要です。融資できる限度額は銀行系に比べると少なめに設定され、金利は銀行系より高いという特徴があります。メリットとしては審査時間が短く、早くお金を借りることができる点でしょう。大手であれば銀行ほどではないにしろ、かなり良心的な条件となっているところもありますので十分検討の余地があると思われます。ただ、長期的な借り入れとなると金利などを考えると非常に条件が悪くなります。給料と給料の間つなぎとして短期の利用をするのであれば便利で安全に利用できるのではないでしょうか。

最後に「信販系」のキャッシングですが、もともとはショッピングなどに利用するクレジットカードをキャッシングに特化したものと言って良いでしょう。最近では複数の借り入れのまとめであったりキャッシングの借り換えなどの利用も多くなっています。定期的な収入がある人だけが対象となります。

大きく分けると上記の3種類となるのですが、最近では「女性向けキャッシング」といわれるものも目立つようになりました。専業主婦の方であってもちょっとした家計のやり繰りであったり、おしゃれや趣味、エステなど女性特有のお金の使い道もあります。また、経済的に自立した女性が増加し、男性と変わらない理由で借り入れを行うこともあります。

いずれの方法であってもお金を借りることに何の違いもありません。短期であれ長期にわたる場合であれ計画的に返済を行っていけば便利で安心な利用が可能です。目的に合ったキャッシングを行い必要以上に無駄な借り入れなどをしないように注意しましょう。